本文へスキップ

木製玄関ドア塗装の専門会社(有)東京ホームペイント

TEL. 050-3749-4833

〒359-0012埼玉県所沢市−坂之下226-1

塗装業者選びのポイントHEADLINE

どうやって業者を選べばいいの?

近年知識不足の職人さんがこの木製玄関ドアの塗装作業に興味を持ち、見よう見真似で塗装工事を請けているようですが、工事に取り掛かり始めたところでようやく自分にはできないことに気付くようです。 そのような職人さんから時々弊社に電話がかかってきます。
「ブクブクしてるんですけど、どうしたらいいですか?」 「どうやったら綺麗に落とせますか?」「私は46年間塗装業をやってますけど。。」などなど!!

あぁ!大変だぁ!こんなに難しいとは思わなかった! 

と思っても、引き受けてしまった後では 後の祭り です。 プロであるからには責任がつきものです。
お金を頂くのであれば、それに見合った仕上げまで持っていかなくてはなりません。
どうすることもできず、酷い業者になると、雲隠れして行方が分からなくなってしまう方もいます。
「隣の芝は青く見える」と言いますが、青く見えても手を出さないのは良い業者さんです。
簡単に考え、見よう見真似で手を出してしまう職人さんには、要注意!です。
知識のない業者に一度酷くやられてしまうと、長持ちするどころか、直すのにも普段以上の手間隙がかかります。
場合によっては元に戻せないことがあるかもしれません。

木製品の塗装は特殊です。 外壁塗装の延長では到底失敗に終わります。
工事を以来する業者(職人)さんが、どれだけの知識を持っているか、どれだけの経験があるかが重要なポイントです
その業者が”本物の塗装職人”かどうかを見極めるには・・
@木製玄関ドア塗装に何年の経験があるのか
(家具の再塗装は新規の塗装と違い、更なる経験が必要です(15年以上))
A施工実例写真、施工見本等を持っているかどうか
B玄関ドア塗装の手順、仕組み、対策など詳しく説明できるかどうか
C作業工場を持っているかどうか
(木製玄関ドアは家具塗装です=家具塗装を行うには工場環境も必重要なポイントです。)
 
プロの業者だと思ったら、実はできない業者だった と後から気付き、 悩んだ末にインターネットでお調べになって弊社にたどり着いたお客様も少なくありません。
嫌な経験をした 又は やられるところだった の例を こちら でご紹介したいと思います。
他社にペンキ塗りをされた例before after
他社による玄関ドア塗装
再塗装をお願いしたらこうなってしまった!
せっかくの木目がぁ・・・(汗)
弊社にて仕上げた玄関ドア
弊社で直し工事をお引き受けしました↑
不動産屋の社長様とのお付き合いで再塗装を頼んで、工事終わりころに見に行ってみると・・
@ペンキでベタ塗りされて、木目も何も見えない状態
       Aペンキも塗り方がひどく、塗り忘れ、毛羽立ち、刷毛目跡 等が所々に見受けられる
Bダメ出しをすると、翌日は違う職人が来て違う色で塗ったが、それでもこの仕上がり・・
汚い塗り方です
他社の塗装のアップ画像1 他社の塗装のアップ画像2
他社の塗装のアップ画像3 他社の塗装のアップ画像4

上記の事例はまだ良い方です。
もっと酷い事例も沢山あります。
残念な業者につかまらないように、別の事例もこれから徐々にご紹介して行きます。
他社に変な塗料塗られた例before 弊社仕上げafter
木製玄関ドア塗装前 木製玄関ドア塗装仕上げ

他社の使った塗料! 機械任せにゴリゴリと削れてた!
木製玄関ドアに適してない塗料 木製玄関ドアを機械で削る業者
 木製玄関ドアを無垢の状態にしました
他社の使った塗料を全て落としました
 木製玄関ドアの形まで整えました
形を整えました
 木製玄関ドア塗装仕上げ、ご依頼のお客様と記念撮影 
家具塗装の知識と専門職人の技でお客様の玄関ドアは新品同様に蘇り、他社にやられずにおさまりました。

バナースペース

施工事例
ボタン1ボタン2

東京ホームペイント

本社:177-033
東京都練馬区高野台5-11-8
TEL03-3995-0011
支店〒359-0012
埼玉県所沢市坂之下226-1

TEL 050-3749-4833
FAX 03--★★★★


東京ホームペイントのブログ

東京ホームペイントのホームページ

*ご注意*
弊社ホームページ、
ブログに掲載されている全ての画像
・文章・情報等は著作権により保護
されております。

著作権者の許可なくこのサイトの
内容の全て又は一部をいかなる手段
においても複製・転載・流用・転売
・複写等することを固く禁じます。

悪質な場合は、知的財産法
(著作権法)に基づき民事訴訟
となります。